Menu

Granta Design社 の紹介

Granta Design社 は、ケンブリッジ大学からのスピンアウト会社として、1994 年に Mike Ashby 教授と David Cebon 教授により設立されました。

現在当社は、材料情報技術の市場のリーダーとして役割を果たしています。

当社の使命

当社は情報技術を材料の世界に取り入れています。 私たちは次世代のエンジニア、科学者、デザイナーを教育するために、材料教育者を支援しています。材料エンジニアが、材料とプロセスのパフォーマンスを最適化するためのお手伝いをいたします。そして、デザインおよび開発チームが各自の製品について、賢く判断を行えるように努力しています。現在までに、当社は数百社以上ものエンジニアリング企業に対して、「マテリアル インテリジェンス」を導入するお手伝いをしています。その結果、データを利用しやすくして、時間を節約し、コストを削減しながらリスクを減らし、より良い製品を提供して、エンジニアの満足度を向上することができます。

「私たちの使命は、材料情報技術を導いていく、つまり材料エンジニアリングと教育を進歩させ、より良く、より環境に優しく、より安全な製品を実現することにあります。」


「当社は、教育、研究開発、および製品のライフサイクルに渡って統合されたマテリアル インテリジェンスを実現することを目的にしています。」

当社のビジョン

私たちは、材料情報技術のすばらしい未来を見据えています。教育においては、その社会のマテリアル インテリジェンスを構築するお手伝いをいたします。材料研究開発 については、インダストリー 4.0 の時代に対応した材料である、「Materials 4.0」を強化する手段を追い求めています。当社は付加製造などの技術や材料デザイン用のシミュレーションと実験を組み合わせた新たな手法を推進するお手伝いをいたします。そして、私たちはマテリアル インテリジェンスが必要な時にどこでも、そして製品ライフサイクルの中で必要な時にいつでも利用できる、ビジネスおよびエンジニアリングのプロセスにマテリアル インテリジェンスが完全に統合された世界を目指しています。


当社のストーリー

英国のケンブリッジに本社を置いている当社は、米国、ドイツ、フランスにも拠点を置く国際的な企業となっており、さらにアジア/太平洋地域やその他の地域にサービス パートナー達が存在しています。

私たちは、材料情報技術の分野に専念している最大のチームで、研究開発に労力を費やしており、数百件もの業界プロジェクトからの材料情報ソリューションの導入に多大な経験を持ち、数千もの大学と協力して作業を行っています。

コラボレーションは当社の事業の中核をなしており、積極的に共同作業を行う研究開発チームを持ち、多数の業界コンソーシアム プロジェクトや国際的な材料教育シンポジウムと連係しています。

Around the Granta HQ in Cambridge

当社の顧客は、Airbus、Boeing、Emerson Electric、General Motors、Johnson & Johnson、NASA、および Rolls-Royce などの企業や、Cambridge、Delft、ETH、Imperial College、MIT、Ohio State、および Princeton などの大学など、それぞれの分野でリーダー的な役割を果たしています。

何よりも、当社は材料に対する情熱を持っており、当社顧客の問題を解決することを重視し、作業を行うためのすばらしい場であり続けています。ぜひ私たちのチーム メンバー、顧客、またはパートナーとしてご参加ください。

お問い合わせ

当社はいつでも新たなお客様や既存のお客様からのお問い合わせ、ご意見、ご提案をお待ちしております。当社製品の詳細を知りたい場合でも、テクニカル サポートの依頼でもどうぞご遠慮なくお問い合わせください。

業界向け Granta Design社

当社のエンジニアリング企業向け製品、および企業による材料情報の管理と賢い材料選択を行うために役立つサクセス ストーリーをご覧ください。

教育向け Granta

Granta が材料教育コミュニティと連係して、サイエンス、エンジニアリング、デザインの分野の材料教育をどのように支援しているかをご確認ください。

詳細情報

英語版の Web サイトで当社の歴史、管理チーム、そしてキャリアを積む機会をご覧ください。